何も知らずに投資をすることは、当たりの無いくじを引くようなものです。投資を成功させるためには知るべきことが沢山あります。

  • ホーム
  • AIGと良品計画の最近の株価推移などの投資情報

AIGと良品計画の最近の株価推移などの投資情報

一般の個人投資家にとって、外国企業株への投資は、多くの場合ハードルが高いものです。
しかし、海外の大手企業の中には、日本の株式市場に上場している会社も存在します。
米国の保険会社AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)はそのような企業の1つです。
ではここで、東京証券取引所におけるAIG株の最近の値動きに注目してみましょう。

さて、2015年1月5日は、日本の株式市場におけるこの年最初の取引日となりました。
AIG株はこの日、6,750円という始値を付けて1年の取引を開始します。
その後は順調に上昇してゆき、7月末日には8,000円を超えるほどの高値を記録しました。
その後いくらか値を下げますが、12月30日には7,490円という終値を付け、2015年最後の取引を終了します。
AIGの単元株数は1株なので、8,000円ほどの投資額でAIGの株主になれます。

では次に、食料品や雑貨などの企画や販売を手掛ける日本の企業に注目しましょう。
東京都豊島区に本社を置く株式会社良品計画です。「無印良品」ブランドの展開がその主な事業です。
では、同社についても、最近1年間の株価推移を振り返ってみます。
およそ1年前となる2015年1月上旬、良品計画の株価は1万5,000円をいくらか下回る水準にありました。

その後、株価は夏ごろまで上昇を続け、7月下旬には2万9,040円という年初来高値を付けます。
その後いくらか値を下げますが、2万5,000円前後の水準を維持して年末を迎えました。

また、2016年に入ると、日本の株式市場の軟調さを反映して大きく下落する銘柄も多い中、良品計画の株価は底堅さを示しています。
2016年1月14日現在、良品計画の株価は2万3,880円です。
なお、良品計画の単元株数は1,000株です。
したがって、その株主になるには240万円ほどの投資が必要です。