何も知らずに投資をすることは、当たりの無いくじを引くようなものです。投資を成功させるためには知るべきことが沢山あります。

  • ホーム
  • 投資を成功する人としない人の違い

投資を成功する人としない人の違い

投資で成功する人としない人の違いを一言で言うことは難しいですが、あえて言うのなら長く続けられるかどうかでしょう。
長く続けることができれば、多かれ少なかれ成功します。
失敗というのは途中でやめてしまう、あるいはやめざるを得なくなる人を指すと言っても言い過ぎではありません。

投資に限ったことではありませんが、最初は誰もが素人で、すぐに成功することはありません。
勉強して理論を身につけ、さらに経験を積んで技術を身につけていくことによって成長していくわけです。
その積み重ねが成功につながると言えるでしょう。
ですから、長く続けることは大事なのですが、そのためには資金の管理が最も大事です。

長く続けられない理由を考えてみましょう。
最も多いのは、大きな投資をして失敗し、そして資金が尽きてしまう状態です。
それ以上資金がなくなって失敗するというケースはあります。
さらに資金を投じることができても、精神的に投じたくないと思ってやめてしまうこともあるでしょう。
大きな損失を一度でも発生させると失敗しやすいと言うことは知っておかなければなりません。

かといって、損失が全く発生しないようにしていれば、経験を積むことができませんから成功することはないでしょう。
致命的にはならない程度の傷を負うことは許容した上で、できる限りいろいろな方法を試してみるのは良い方法です。
では、致命的にならないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか。

その方法は損切りを適切に行うことです。
損失の範囲を決めておくのが良いです。
たとえば、5%の損失が発生すれば何があってもすべてのポジションをクローズするというようにすれば、損失を5%に限定できます。
このようにして資金を管理していくことによって投資を続けることができるのです。