何も知らずに投資をすることは、当たりの無いくじを引くようなものです。投資を成功させるためには知るべきことが沢山あります。

  • ホーム
  • 投資の引受には限度額がある場合があります

投資の引受には限度額がある場合があります

投資をされている場合、または投資に関連する仕事にお勤めの場合は引受という言葉を耳にしたことがある言葉でしょう。
引受とは証券会社や金融機関が有価証券の売り出しや募集の際に、その有価証券の所有者や発行者から一部を取得することです。

他にはその有価証券を取得するものがいない場合、残部を引受する場合もあります。
引受は有価証券が残らないことを発行者へ保証することで、資金の調達が成立するようにする制度です。
有価証券の残部をなくすことで、有価証券の発行を確実にします。

但し、引受を実施している証券会社や金融機関は限られています。
何故なら、引受を実施する場合で判断を誤った場合は売れ残りの有価証券を多く抱える危険性が高く、資産内容を悪くしてしまう可能性が高いのです。
その為、実施している証券会社や金融機関は内閣総理大臣の認可を受けている先に限られています。
事前に調べておくことが必要になります。

ご自身で投資をする場合、限度額を設定しておくことが必要になります。
限度額は人それぞれによって異なりますので、ご自身の資産状況を今一度確認しておくことが必要です。
株式投資の場合は特に限度額を決めておく必要があります。

過去、株式投資に失敗した方や会社は数え切れないほどあります。
それは様々な理由によってではありますが、その理由の一つとして限度額を見誤るといった事が挙げられるのです。
資産運用をする場合で、一番効率が良い運用方法の一つでもある為、希望者は後を絶ちません。
現在では少額投資も出てきている事も株式投資を後押ししている要因の一つです。
今後、始めようと考えている場合は事前に知識を蓄え、成功する確率を少しでも上げておく必要があります。